赤ちゃんの便秘解消にヨーグルトは効果ある?

赤ちゃんの便秘解消にヨーグルトは効果ある?離乳食が始まった途端に便秘になってしまう赤ちゃんは非常に多いですが、
離乳食で便秘を解消するために、摂取したい成分と言えば、食物繊維や乳酸菌ですよね。

ここでは、乳酸菌の代表として、ヨーグルトについて取り上げてみたいと思います。

yogurt

ヨーグルトは、本当に便秘に効果的な食べ物なのでしょうか?
その作用について考えてみたいと思います。

まず、乳酸菌の働きについて、その効果を考える前に、便秘になった場合の、腸の中の状態についてふれてみます。

便秘は腸内で悪玉菌が増殖中

便秘は、腸内の悪玉菌が増えると起こりやすくなります。
この悪玉菌は、腸の活動を低下させてしまうものです。

悪玉菌は、腸内のたんぱく質を腐敗させて有毒なガスを発生させ、それが腸内環境を悪化させるのです。

一方、悪玉菌とは反対に、腸内環境を整えてくれるのが、善玉菌になります。
善玉菌は、お腹の中で善玉菌を増殖させ、大腸の働きを助ける役割があります。
つまり、腸の働きを活発にしてくれるのです。

その善玉菌の代表格のひとつが、乳酸菌で、
ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれます。

ヨーグルトは便秘に効果なし?

月齢などによりますが、赤ちゃんでも食べることができる、甘さも控えめなヨーグルトも売っていますよね。

ヨーグルトと言えば、赤ちゃんだけでなく大人でも便秘に効果があるというイメージです。
しかし実は、多くのヨーグルトに含まれている乳酸菌は、肝心な大腸に到達する前に胃や小腸で消化されて、そのほとんどが死んでしまうのです。

全く便秘に効果がないというわけではありませんが、普通のヨーグルトでは、最大限に乳酸菌の良さが発揮できない場合があります。
つまり、気休め程度・・・ということなんですね。

ヨーグルトは、乳酸菌の中でも、「動物性乳酸菌」という種類になります。
一方で、大豆などに含まれる乳酸菌は「植物性乳酸菌」という種類になります。
この、植物性乳酸菌のほうが、動物性乳酸菌に比べて、乳酸菌を大腸まで生きたまま届けやすいと考えられているそうです。

離乳食において、レシピに取り入れやすい食材を使って、乳酸菌を摂取してみてください。

ちなみに、ヨーグルトで乳酸菌を摂りたい場合、赤ちゃんに食べさせるのに良いタイミングとしては、朝食の後がいいと考えられています。
朝食を先に食べておくことで、胃酸が弱まり、善玉菌が少しでも多く生きたまま腸に届くようになるのです。
参考にしてみてくださいね。

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ