新生児の便秘におススメの解消法

新生児の便秘におススメの解消法赤ちゃんの成長過程においてさまざまな変化が起こる中で、うんちの状態も変化してくるものです。
便秘になる赤ちゃんもいれば、逆に下痢をしやすい赤ちゃんがいたり、体調は本当に人それぞれです。
特に離乳食を開始すると、便秘がちになる赤ちゃんはとても多く、
食事内容の見直しや水分の量を調節してあげることで、改善することができる場合が多いです。

では、まだ離乳食を開始していないような月齢(新生児)の赤ちゃんが便秘になった場合は、どのような原因が考えられるのでしょうか。
また、どのような便秘解消方法があるのでしょう。

新生児の赤ちゃんが便秘になることは稀ですが、中には生後2、3ヶ月で便秘になってしまったと悩んでいるお母さんも見かけます。
母乳やミルクで育っている時期の赤ちゃんの便秘は、生活リズムの中で授乳回数が減ったりして、母乳やミルクの量が足りていない場合や、粉ミルクのみで育てている場合は、消化に時間がかかっていることがまず考えられます。

ただ、便秘には個人差があるので、回数が減ったからといってすぐに焦ったりせず、元気で機嫌がよく、いつもと同じように母乳やミルクを欲しがるようなら、それほど心配しなくていい場合が多いです。

逆に、少し苦しそうにしていたり、お腹が張って膨らんでいるように感じたら、対処してあげる必要があります。
心配なことがあれば、お医者さんに診てもらうのがいいのですが、離乳食も始まっていないような新生児の時期は、便秘解消のために、おうちでできる簡単なマッサージや体操を試してみるのもいいかもしれません。

マッサージ方法では↓の記事でも紹介しているので、参考にしてみて下さいね。

赤ちゃんの便秘に効果的なマッサージ方法

それでも、うんちが出なかったり、苦しくて機嫌も悪いようでしたら、迷わずお医者さんに診てもらうようにしましょう。
便秘で母乳やミルクを飲む量が減ってしまうと、なかなか体重が増えなくなってしまいますので、小児科の先生や、保健師さんに相談するのもいいですね。

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ