赤ちゃんの便秘改善に効果的な離乳食とは

赤ちゃんの便秘改善に効果的な離乳食とは

rinyusyoku2

 

新生児の赤ちゃんは、1日に何回も水のようなゆるいうんちをしていたのに、
離乳食が始まった途端にうんちの回数が減ったうんちが固くなった
などの変化がみられることがよくあります。
初めての子育てでは、些細な変化でも心配になってしまうものですよね。

赤ちゃんの便秘の原因と考えられているものはいくつかあるのですが、
その一つに「離乳食への移行」があります。
赤ちゃんが、母乳やミルクだけで育っていた時と、離乳食を開始した時とを比べると、
明らかに離乳食が始まってからのほうが、水分摂取が不足しがちになります。
大人でも水分不足は便秘の原因になりますよね。
赤ちゃんも同じなのです。

 

母乳やミルクなどの栄養から切り替わる時期の赤ちゃんは、
腸内環境の変化から便秘になったり、腸自体がまだ未発達なため、
うんちが出にくくなってしまうのです。
なので、スムーズにうんちを出させてあげるために、
離乳食で使う食材をきちんと考えてあげる必要があるのです。

 

便秘を解消するために食事から摂取したいものは、
離乳食の進み具合によって変わってきます。

例えば・・・

離乳食初期:さつまいもやかぼちゃなどのイモ類
離乳食中期:ヒジキなどの海藻類
離乳食後期:豆類やえのきやシイタケなどのきのこ類

などがメニューに取り入れやすい食材として挙げられます。

他にも、便秘を解消するために必要な、
便を軟らかくする成分(ビタミンCやペクチン)を多く含むバナナにんじん
プルーンりんごなどの、果物に含まれる果糖も、
便を柔らかくする成分を含んでいます。

また、腸の働きを整えてくれる乳酸菌が豊富なプレーンヨーグルトや、
便秘を解消してくれる食物繊維を豊富に含んでいる、
かぼちゃブロッコリーホウレン草なども、
離乳食で使いやすい食材として挙げられます。

これらの食材は、赤ちゃんの月齢や、離乳食の進み具合によって、
食べられるものの種類、大きさなどには注意しましょう。

 

毎日うんちが出ないと調子が悪いという赤ちゃんや、
2、3日でなくても平気な赤ちゃん。
その子によって便秘で不調だな…と感じるタイミングは違うものです。
大人の便秘の原因と同じように、運動不足やストレスなども考えなければなりませんが、
離乳食の食材や栄養素を見直してみることで、
便秘が改善されるので是非試してみて下さいね。

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ