ぽっこりお腹は便秘が原因?ペタンコお腹にするための食べ物や運動法

ぽっこりお腹は便秘が原因?ペタンコお腹にするための食べ物や運動法

himan


食後にお腹がぽっこり出るとちょっと恥ずかしいですよね。
排便がスムーズにいかず、便秘気味になるとお腹が出て下腹部が目立つ原因になります。

今回は、ぽっこりお腹に効果的な食べ物や運動法など紹介します。

便秘を解消してぽっこりお腹を改善しましょう。

ぽっこりお腹は便秘が原因?

便秘の時には、お腹がぽっこり出ていると感じることはありませんか?

これは、便が腸内に溜まることにより腸内にガスが溜まるからなんです。
便秘で便が腸内に停滞すると便の老廃物が溜まり、インドールやスカトールなどガスを発生してお腹が張ってきます。
これがぽっこりお腹の原因となるのです。

便秘によるぽっこりお腹を改善するおすすめの食べ物

便秘は偏った食習慣や不規則な生活、睡眠不足などが原因で起こります。

ぽっこりしたお腹を改善するためには、食物繊維や緑黄色野菜、海藻類など積極的に摂るようにしましょう。

以下のような食品を摂取すると効果的ですよ。

・不溶性食物繊維
玄米、大豆、カボチャ、ゴボウ、サツマイモ、エノキ、など

・水溶性食物繊維
おくら、山芋、海藻類、バナナ、ミカン、リンゴなど

・乳製品や発酵食品
ヨーグルト、納豆、キムチなど

・プルーン
便秘に効果的な食品で水溶性と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれています。

ただし、摂り過ぎには注意ですよ。
あくまで、バランス良く普段の食事に取入れることが大切です。

便秘によるぽっこりお腹を改善するおすすめの運動法

便秘によるぽっこりお腹を改善するためには、有酸素運動が効果的です。

有酸素運動は血流を促し、新陳代謝を活発にして腸の働きを促進してくれます。

おすすめの運動法やストレッチを紹介します。

・ウォーキング
有酸素運動は自律神経のバランスを整えて腸の蠕動運動を促します。
1日20分程度のウォーキングを続けるようにしましょう。

・腹筋ストレッチ

その1:仰向けに寝て両膝を立て、腰をひなりながら左右に倒していきます。
その2:膝に枕などを挟み、腹筋に力が入るように枕を上や下に動かします。
その3:仰向けに寝て腰にバスタオルやタオルを巻いたものを入れて腰をそらし10秒間姿勢を保持します。
その4:仰向けに寝て足を真上に向かって垂直に伸ばしていきます。

・背筋を良くする
背筋を良くして息を吐きながらお腹をへこませます。
お腹を引き締めた状態を20秒〜30秒間保持します。この運動を1日数回行います。

まとめ

ぽっこりお腹についてまとめました。

便秘を解消すればぽっこりお腹を気にしなくてすみますね。

特に内臓の筋肉が低下することにより胃下垂になってしまいますので、適度な運動やストレッチで腹筋を鍛えること大切です。

この章で紹介したことを実行してぽっこりお腹を改善しましょう。


この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ