子供向けの便秘薬

子供向けの便秘薬

genin03

子供が便秘になったら、早く何とかしてあげたいと思いますよね。

原因から考えて、さまざまな対処法がありますが、
食生活や生活習慣などの見直しをすることで便秘を改善しようと思っても、
長期戦で時間がかかる場合もあります。

なので、
手っ取り早く薬で何とかならないかな…
と考えるお母さんも多いと思います。

薬だと即効性があるのは確かですが、
薬を小さな子供に使っても良いものか、悩むところですよね。

小児科で診察してもらって、適切な薬を処方してもらう他、
ドラックストアなどでも市販の便秘薬は売られています。

市販の子供向けの便秘薬には、どのようなものがあるでしょうか。
そしてそれらは、安心して子供にも使うことができるのでしょうか。

まず、子供に使いやすい便秘薬というと、昔から浣腸が重宝されています。
イチジク浣腸は、乳幼児から大人に至るまで、年齢に応じて量が調整されていて、
子供でも安心して使用することができます。

ですが、イチジク浣腸は即効性があるので、使用後すぐに便意が出て来ますが、
大人でもその使用感が苦手・・・という人もいますよね。

子供もある程度意思表示ができる年齢になると、
浣腸を嫌がる子も多いと思います。
無理やりするのは、なんだか可哀想ですよね。

では、飲み薬にはどのようなものがあるでしょうか。

飲み薬の便秘薬の中にも、その効果によって違いがあります。

なるべく使用を控えた方が良いのが、「刺激性便秘薬」です。
これは、一般的には「下剤」と言われるもので、
その効果が子供には強過ぎる場合があります。

確かに便秘は解消されるかもしれませんが、下剤を使用した際の不快感は、
大人でも負担が大きいものです。

また、下剤を使用することで下痢になり
それもまた排便の際に肛門に負担がかかってしまいます。
子供でも痔になることはありますので、効果が強過ぎる薬を要注意です。
子供用の下剤も市販されてはいますが、なるべく使用は控えた方が良さそうです。

「刺激性便秘薬」の他には、「機械性便秘薬」という種類があります。
整腸剤」と呼ばれるものは、この「機械性便秘薬」の仲間になります。

下剤よりも効果は強くなく、自然な排便をサポートしてくれるものです。

整腸剤とは、その名の通り、腸の状態を整えてくれるお薬で、
腸内環境を良い状態にし、自然な排便を促してくれます。
子供でも比較的安心して使用できる便秘薬です。

でもやっぱり一番は、薬に頼らず自然の力で便秘を解消してあげたいものですよね。
根本解決としては、腸内環境を正常な形に整えてあげることです。
薬で一時的にウンチが出たとしても、腸内が悪玉菌優勢の状態の場合、
またすぐに便秘になってしまいます。

それよりも、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてあげることが、
便秘を根本から解決するための近道なのです。

=>便秘を根本解決する方法はコチラ!


この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ