赤ちゃんの便秘とアトピーの関係

赤ちゃんの便秘とアトピーの関係

babylove

 

赤ちゃんの肌トラブルで悩んでいるお母さんはとても多いですよね。
つるんとしたたまご肌のイメージが強い赤ちゃんですが、
デリケートな赤ちゃんのお肌は、実は非常に肌トラブルを起こしやすいのです。
単純にカサカサする乾燥肌なら、保湿クリームやベビーオイルを塗ってあげれば治るかもしれません。
しかし、アトピーや、アレルギー症状から来るお肌のトラブルになると、
ちょっと厄介ですよね。

ネット等の情報や口コミで、アトピーの赤ちゃんが、実は便秘がちだった
という記事を目にすることがあると思いますが、
赤ちゃんの便秘とアトピーは、本当に関連性があるのでしょうか。
実はきちんとした関連性は証明されていません。

便秘だからアトピーになりやすいとか、その逆であるとか、
やはり決まった法則などはなく、言ってしまえば、便秘に個人差があることと同じで、
こちらも個人差があるようです。

しかし、そもそもアトピーは、腸内環境が悪い事が原因の一つだと言われています。
この事から、アトピーの赤ちゃん(皮膚トラブルがある赤ちゃん)は、

腸内環境が良くない=便秘になりやすい

という考え方もできるのです。
逆に腸内環境が改善されると自然と便秘が解消され、
そしてアトピーなどの皮膚トラブルの改善がみられることもあるんです。

腸内環境と皮膚トラブルの関係について、その仕組みにも少し触れておきたいと思います。

腸の働きには、食べ物の消化、栄養の吸収以外にも、免疫力の向上や、解毒作用などもあります。
これらの働きについては、アトピーのことを調べると、一度は目にする言葉ですよね?

赤ちゃんが便秘がちになると善玉菌の数が減り、この解毒作用がうまく機能しなくなり、免疫力の低下に繋がります。
このような腸内環境の時に、体内に何らかの異物が入って来た場合、アレルギー反応を起こします。
これが、アトピーの症状として現れるパターンの1つになってしまうのです。

大人でも、便秘が続くと、肌荒れを感じる方は多いと思います。
赤ちゃんも同じなのです。
余分なものを長く体内に留めておくことは、決して良くありません。
うんちが良く出る赤ちゃんは、老廃物をため込まずに済み、代謝も良くなります。

便秘を改善することで、直接アトピーの改善に大きな成果がないにしても、
腸内環境、そしてお肌の状態を良くすることに繋がるのです。
必ずしも、便秘が解消したからと言ってアトピーが治るわけではありませんし、
塗り薬を使った方が良いのか、使わない方が良いのかは、その子のアトピーの状態によって変わります。
ですので、自己判断せずに病院の先生とよく話し合う事も大切です。

ただ、身体のトラブルを、外側だけで判断するのではなく、
身体の内側(食べ物や、腸内環境)に目を向けることは、とても重要だと思います。
長い目で見て、お子さんの健康を長く支えてくれる腸内環境は、
赤ちゃんのうちから整えてあげたいものですね。

赤ちゃんの腸内環境改善にオススメなのが、
カイテキオリゴです。
便秘改善にオリゴ糖が良いらしいということは耳にしたことがあるかと思います。
でも、オリゴ糖と言っても色々あって、どれを選んで良いのか迷いますよね。
特に赤ちゃんには、安心して飲ませてあげられるものを選びたいですよね。

このカイテキオリゴは、製造過程で余計なものを一切加えておらず、
成分のほぼ100%が高純度のオリゴ糖なんです。
もちろん、赤ちゃんにも安心して飲ませてあげられる管理人イチオシのオリゴ糖です!

=>カイテキオリゴについて詳細を見てみる

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ