同居の義父母が与えるお菓子の食べ過ぎで子供が便秘に!

同居の義父母が与えるお菓子の食べ過ぎで子供が便秘に!shippai

ゆのゆのさん(30代女性)の便秘失敗談をご紹介します。

同居の義父母が制限なく娘にお菓子を与えた結果娘が便秘に!

私の娘はもうすぐ2歳になりますが、驚くほど1度に食べるご飯の量が多いです。
離乳食を始めた頃はなかなか口を付けてくれなくて悩んだりもしていましたが、今では自分から「パンたべたい」とか「おなかがすいたからバナナちょうだい」などと言ってきます。

同居している主人の両親は孫娘の事がかわいくて仕方ないらしく、食事を食べた後でも「ばぁば、おかしちょーだい」と言われたら断る事が出来ずに「はい、どうぞ」とすぐにお菓子を与えてしまいます

私と義両親達の部屋は廊下を隔てている為に、話し声はドアを閉めていると聞こえません。
ですので、知らない間に娘がおばあちゃんにお菓子を与えていても、お義母さんからそのことを教えて頂けないと、娘が1日どのくらいのお菓子を食べているのか正確には把握できないのです。

ある時、娘がお昼ご飯を途中で止めて「ぽんぽんいたい」と泣き出しました。

それまで少し便秘気味だったので、バナナやヨーグルトをご飯の時に少しだけ食べさせていたのですが、なかなかお通じは出ていませんでいたのできっとお腹が張って痛いのだと思いました。

その後もお通じは無く、心配でお腹のマッサージをして過ごし、次の日のご飯にもおかゆやうどんなど消化の良いものを与えました。

アイスクリームと牛乳とおせんべいで便秘が下痢に!

そのままで様子をみて、5日目になっても出なかったら病院へ連れて行こうと思っていたら、お義母さんの部屋から娘が「ママー!」と叫びながら飛んできました。

オムツは吐いておらず、服も着ていない、すっぽんぽんの丸裸の状態です。

私は驚いてお義母さんに何があったのかたずねました。
すると「この子が便秘気味だから、アイスクリームと牛乳とせんべい食べさせたらお通じ出たよ」と言うのです。

オムツをつけておらず、服も着ていなかったのは、お腹を下して全部汚してしまったからでした。

結果的にお通じはあったものの、それから娘は1週間以上も下痢が続いてお尻も真っ赤っか

ただれたお尻が痛いのでおしっこしても泣き出すし、機嫌も悪いしで大変でした。

義両親には1日のお菓子を「これだけ与えて下さい」と伝えてはいるのですがなかなかその通りにはなりません。

娘の便秘は解消されましたが、下痢とセットはもう勘弁して欲しいです。


この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ