赤ちゃんの便秘に座薬は効果がある?

赤ちゃんの便秘に座薬は効果がある?

yakkyoku_yakuzaishi

赤ちゃんの便秘も大人と一緒で、何日か出ないだけなら問題ないケースがほとんどですが、
長期化・習慣化してくると、なかなか自分ではうんちを出すことができなくなってしまう場合があります。

そういった場合、赤ちゃんに座薬を使うことも便秘解消のための一つの方法なんです。

便秘を軽く考えて放っておくと、赤ちゃん自身も苦しくなったり、
おなかが痛くて機嫌が悪くなったりします。
さらには、他の病気に繋がることだってあるのです。
大人も同じですよね?
あまりにも長期化したり慢性的に便秘になったり、
うんちが出ない期間、辛そうにしているならば、座薬は有効な手段になります。

ただ、赤ちゃんにはあまり薬を使いたくないという人が多いと思います。
それは、薬の種類や使い方、効果を理解をしていないからであって、
赤ちゃんにも安心して使える薬はちゃんと存在します。

ただ、赤ちゃんに使う場合は市販の薬ではなく、1度お医者さんに診てもらって
きちんと赤ちゃんの様子を伝えてから、目的に合った座薬を処方してもらうことが大切です。

座薬は、即効性があるもののようにとらえられていますが、
離乳食を始めたばかりの赤ちゃんに使いたい場合は、
まだ胃腸の働きが十分でないこともあり、下痢をしてしまうこともあるため注意が必要です。

そういったことを防ぐために、お医者さんの説明を良く聞いてから使うようにしましょう。
内服薬と違って、胃腸に副作用が現れるケースは、少ないといえます。
病院で処方される座薬は、用法や用量の説明を受けることもでき、その通りに使用すれば、
ほとんど心配することはないでしょう。

しかし、座薬の種類によっては、習慣性のあるタイプのものもあります。
これだと、座薬を入れないとうんちが出にくくなってしまい、赤ちゃんにとってもいいことではありません。
赤ちゃんにも使える安全な薬なら、問題なく使えるとはいえ、やはり理想は座薬に頼らず、
自然なお通じがあることです。

赤ちゃんが便秘になる理由はさまざまなので、食生活や生活リズムを見直し、
できるだけ薬に頼らずに便秘を解消してあげたいものですね。

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ