赤ちゃんの便秘にポカリスエットは効果ある?

赤ちゃんの便秘にポカリスエットは効果ある?

sports_drink

赤ちゃんの便秘の原因No.1は水分不足!

赤ちゃんが便秘になってしまう理由の一つに、水分不足があります。
これは、赤ちゃんの便秘の理由として、大部分を占めていると考えられています。
母乳やミルクで水分をきちんと摂取しているように考えられがちですが、離乳食を開始し1日の中の食事の回数を増やしていくと、お母さんが気付かないうちに赤ちゃんが摂取する水分量は足りていない場合があるのです。

離乳食が進んでくると、自然と飲む母乳やミルクの量は減ってきますよね。
赤ちゃんは大人よりも代謝がいいため、汗をかきやすいものです。
汗や尿などを通じて、体内の水分を多く排出します。
特に夏場は、寝ているだけの赤ちゃんでも、頭、顔、背中など、全身から汗をかきますので、水分不足になりやすいんです。

そこで、母乳やミルク以外での水分補給のために、白湯や薄めたお茶をあげているお母さんも多いと思います。
今では、赤ちゃん用のポカリスエットなども一般的になりましたよね。
大人がスポーツの後や、風邪のときの水分補給によく飲むポカリスエット。
赤ちゃんの便秘改善には、効果があるのでしょうか?

赤ちゃん用のポカリスエットは便秘改善に効果あるの?

まず、大人用と子供用のポカリスエットは、ただ濃度が違うだけではありません。
大人用のポカリスエットを薄めたからといって、赤ちゃん用になるわけではないのです。
一般的に売られている赤ちゃん用のものは、大人用のポカリスエットとは異なり、赤ちゃんの体液と同じ浸透圧になっているようです。

つまり、赤ちゃんの身体や、消化機能に負担を掛けずに、体内に取り込むことができるのです。
しかし、便秘の赤ちゃんへの水分補給に、あえてポカリスエットを選ぶ必要は、あまりないように感じます。
白湯や薄めたお茶ならば、十分な水分補給もでき、同じようにそれを吸収するために赤ちゃんに負担がかかることはありません。
水分補給をすることで便秘の改善を図りたい場合、特別ポカリスエットが効果的だということはないのです。

したがって、ポカリスエットを飲めば便秘が治る!ということはありません。

だからといって、赤ちゃん用のポカリスエットが身体に良くないということでもありません。
ポカリスエットにはナトリウム、カリウム、クロールなどの電解質(イオン)が含まれています。
これらの成分は、人間の体内にある水分にも含まれています。
赤ちゃんがおしっこや汗などで水分を大量に排出した時、ポカリスエットを飲めば、これらのイオンをバランスよく与えることができるのです。

風邪などで体調が悪い時に、何も食べてくれない、母乳も嫌がる…というお子さんが、さっぱりした味のポカリスエットなら飲んでくれた!というお母さんもいます。
味が苦手な赤ちゃんもいますが、水分補給の1つの方法として、あげてみてもいいかもしれませんね。
(風邪が治るということもないので、単純に水分補給を目的としていることが大前提です!)

赤ちゃん用のポカリスエットは、生後いつ頃から与えていいかは、商品に記載されていますので、確認してから飲ませてあげてください。
赤ちゃんは、暑くても寒くても言葉にして伝えることができません。
うんちや皮膚の状態、体調をきちんとチェックしつつ、水分が不足しがちになることも覚えておきたいですね。

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ