お肉の食べ過ぎで便秘?お肉を食べた後のウンチは臭い?魚の場合は?

お肉の食べ過ぎで便秘?お肉を食べた後のウンチは臭い?魚の場合は?

oniku


食事の欧米化によって、和食中心の食事から肉類を多く摂取する食事が増えてきました。
焼き肉にステーキ、ハンバーグ、大人も子供も大好きなメニューですよね。

ところで、お肉ばかり食べていると排便がスムーズに行かなくなることがあります。
最近便秘気味だなと思った時に、食生活を見直してみると連日お肉がメインだった・・・なんてこともありませんか?

また、お肉を食べた翌日は、うんちのにおいが気になることがありますよね。

ここでは、お肉と便秘やウンチの臭いとの関係について、お話したいと思います。

お肉を食べ過ぎると便秘になる?

お肉を食べすぎると便秘になる、というのは良く耳にする話ですね。
事実、お肉ばかり食べていると便秘になります

では、お肉を食べすぎるとなぜ便秘になるのでしょう?

それはお肉に含まれる「タンパク質」が関係しています。

身体をつくるために欠かせないタンパク質ですが、過剰に摂取すると腸内環境が崩れて悪玉菌が増加します。

その結果、腸内で悪玉菌が増えると善玉菌が少なくなり、便秘気味になってしまうのです。

しかし、一概にお肉が悪いというわけではありません。

お肉の成分には便を柔らかくする働きもあるので、お肉を食べたからといって必ず便秘になるという訳ではありません。
お肉ばかりを偏って摂取することで、便秘になるのです。

つまり、野菜や乳製品などバランスよく摂取することで便秘を防ぐことができます。

お肉を食べた後のウンチは臭い?

お肉を食べた翌日にうんちをしたら臭かった、という経験をした方もいると思います。

通常、食べたものは胃や小腸を介して消化吸収されますが、お肉を大量に摂取した時や消化能力が弱まっているときは消化しずらくなります。

そのためタンパク質が腸内で上手く分解できないため、においが強くなるのです。

お肉と魚は魚の方が便秘になりにくい?

それでは、お魚の場合はどうでしょうか。

お肉と魚では、魚を食べた方が便秘になりにくいと言われています。

魚にはDHAやEPAの不飽和脂肪酸が含まれ、便通を良くして排便を促してくれる働きがあります。
またビタミンやミネラルも含まれているため、腸での消化吸収を助けてくれる作用もあります。

しかし、やはりバランスが大切で、お肉もお魚もそれぞれ大切な栄養素が含まれていますので、どちらも適量摂取することが大切です。

また、野菜や豆類などもバランスよく摂取することが、便秘解消の近道となります。

お肉と便秘の関係についてまとめ

お肉の食べ過ぎは便秘の原因となります。
お肉好きの人は、食べ過ぎに注意し、またお肉と一緒に必ず野菜も食べるなどバランスの良い食事を心がけましょう。


この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ