赤ちゃんのおならが臭いのは便秘が原因?

赤ちゃんのおならが臭いのは便秘が原因?人間は誰でもおならが出ます。
もちろん、赤ちゃんもおならをしますよね。

これは当たり前のことなので、特に気にする必要がないのは言うまでもありません。

baby_yellow

 

 

通常、母乳やミルクだけで育つ時期の赤ちゃんのおならは、大人のおならと違って臭くないんです。

他の食べ物を食べていないので、不思議な話ではありませんよね。

しかし、そんな赤ちゃんも、臭いおならをする事があるんですよ。

ここでは、赤ちゃんのおならの臭いについて、考えていきたいと思います。

乳児期の赤ちゃんのおならは臭くない?

一般的に乳児期の赤ちゃんは、母乳やミルクだけを口にしているのでうんちの回数が非常に多いものです。

そしてその形状は、固形物を摂取していないため、とても軟らかいです。
赤ちゃんのウンチは下痢みたいに柔らかいウンチですよね。

固形物の場合、消化するのに時間がかかるため体内に長く留まりますが、水分の場合はお腹の中を通過する時間はとても
短くなります。

なので、うんちやおしっこの回数が多く、臭いもそれほどきつくありません。

しかし、便秘になると、うんちが身体の中に留まる時間が増えます

腸の中での滞在時間が長くなると、腸の中の細菌によって、うんちの分解が進んで、臭いガスを発生させたりするようです。

そのため、便秘の場合は大人と同じように、赤ちゃんでもおならが臭くなります

また、便秘になるとうんちの色も変化します。

腸内にたまったガスの影響でうんちが酸化し、山吹色のようなうんちが、緑色に変化する場合もります。

つまり、おならの臭いやうんちの色から、便秘っぽいのかな?

という判断ができるのです。
(この時点では、特に機嫌が悪かったり、体調が悪そうな様子がなければ、心配しすぎなくても大丈夫ですよ。)

離乳食期の赤ちゃんのおならは臭い?

離乳食が始まると、当然うんちの回数、形状に変化が見られます。

回数は減り、うんちもだんだん固まってきます。

離乳食でさまざまな食べ物を摂取するようになると、うんちの臭いは大人のものに近づいてきます。

それと同じように、おならの臭いも臭くなってくるものです。

離乳食は色々な種類の食べ物を食べる練習なので、うんちの変化やおならの臭いの変化も当然のことなのです。

なので、離乳食期の場合は、おならが臭いからと言って、便秘だとは限りません

ただ、何日も便秘が続いていて、なおかつおならの臭いが気になる場合は、場合によっては消化不良を起こしていることも考えられますので、赤ちゃんの様子を良く観察してあげましょう。

もしも離乳食を進めている段階だったら、消化しやすい食材を使ったり、段階を1つ戻して、柔らかい食材を食べさせるのもいいかもしれませんね。

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ