妊娠中の便秘の原因は?胎児に影響ある?おススメの改善方法は?

妊娠中の便秘の原因は?胎児に影響ある?おススメの改善方法は?

house

妊娠というデリケートな時期に便秘になり、胎児に影響はないかと心配になっている方はいませんか?
妊娠すると、それまで便秘をしなかった人が便秘になってしまったり、普段から便秘気味の人はひどくなったりする場合があります。
妊娠中は、普段と同じ便秘の改善方法を行ってよいのか迷う方もいるのではないでしょうか?
今回は、妊娠中の便秘の原因と胎児への影響や、おすすめの改善方法についてお伝えします。

妊娠中の便秘の原因は?

妊娠中に便秘しやすくなる原因は次の通りです。

ホルモンの影響
  妊娠を継続させるプロゲステロンというホルモンは、腸の動き(蠕動運動)を抑えてしまいます。
  腸の動きが悪くなれば、便は出にくくなりますね。

つわりによる食生活の変化
  つわりにより食べる量が減ったり、食物繊維を摂る量が減ったりして便秘しやすくなります。

運動不足
  つわりなどの体調の変化で、妊娠前よりも身体を動かす量や時間が減ることにより、便秘を起こします。

疲労やストレス
  妊娠は病気ではありませんが、ホルモンの変化などにより疲れ易くなったり、ストレスがたまったりします。
  そのため、交感神経が優位になり腸の動きが悪くなり、便秘を起こします。

基礎代謝の上昇
  妊娠により、基礎代謝量が増えることにより、体温が上昇して不感蒸泄(汗として感じない身体から蒸発する水分)が増えます。
  大腸から吸収される水分量も多くなるので、便が固くなりやすく便秘につながります。

子宮が腸を圧迫する
  妊娠が進んでくると、子宮が大きくなるので大腸を圧迫して便が出にくくなります。

妊娠中の便秘は胎児に影響ある?

結論からいえば、妊娠中に便秘になっても胎児の成長にはほとんど影響ありません
しかし、出産時や授乳期には影響がありますので、早期に便秘を解消して出産に備える必要があります。

産道は、腸内環境の影響を受けるとされます。
赤ちゃんが産道を通る出産時に、産道内に腸に棲む悪玉菌が増えていると、赤ちゃんも悪玉菌が増えやすくなると考えられます。
また、出産時に便秘していると、産道を圧迫して赤ちゃんが通りにくくなってしまいます。

授乳期にお母さんが便秘をしていると、血液中を流れる有害物質が母乳の質を悪くする可能性があります。

以上のことから、妊娠中から便秘を解消するほうがよいでしょう。

妊娠中のオススメ便秘改善対策

妊娠により便秘になってしまうケースは多いので、酷くならないうちに医師に相談することが大切です。
便秘の薬には、妊娠中には服用しないほうがよいものもあるので、自己判断せずに医師に相談しましょう。

また、薬だけでなく普段の生活で便秘を改善する対策をとることも大切です。

水分補給
  基礎代謝が上がっていることを踏まえて、水分補給に努めましょう。

食物繊維を摂る
  ゴボウや豆類・オーツ麦のシリアルなどは、不溶性食物繊維を多く含みます。
  海藻・納豆・オクラ・ハチミツなどネバネバ成分には、水溶性食物繊維が含まれます。
  両方の食物繊維をバランスよく摂るようにしましょう。

乳酸菌やオリゴ糖を摂る
  乳酸菌やオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサになり善玉菌を増やします。
  オリゴ糖は、管理人イチオシのカイテキオリゴがオススメです!

=>妊婦さんも安心!腸内環境を整えてくれるカイテキオリゴについての詳細を見てみる

軽いウオーキングやストレッチをする
  無理のない運動で、腸を動かすようにしましょう。

生活リズムを整える
  夜更かしは、イライラを助長させたり自律神経を乱したりして、便秘につながります。
  規則正しい生活を心がけて、夜はゆっくり休みましょう。

まとめ

妊娠中はホルモンの影響や食生活の変化などで、便秘を起こしやすくなります。
便秘が胎児の成長に影響を与えることはありませんが、出産の障害になったり母乳の質が悪くなったりするので、早期に改善する必要があります。
妊娠中の便秘薬の使用は、医師に相談しましょう。
水分摂取や食事・運動により、腸内環境を整えて便秘を改善しましょう。

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ