口の周りの吹き出物は便秘が原因?便秘と吹き出物の関係は?治すには?

口の周りの吹き出物は便秘が原因?便秘と吹き出物の関係は?治すには?【注目記事】便秘一家の救世主!赤ちゃんから大人まで 便秘を改善した方法

青年期のニキビは、ホルモンの働きが活発になることが原因と考えられますが、口の周りなどにできる吹き出物は大人のニキビです。
大人のニキビの原因には、栄養不足、皮膚の乾燥、ストレスの影響などが考えられます。
便秘も肌に悪い影響を及ぼす原因の1つです。
今回は、口の周りの吹き出物と便秘の関係、治すための対策についてお伝えします。

口の周りの吹き出物は便秘が原因?

口の周りに吹き出物ができやすい理由は、次の通りです。

顔の中でも、目の周りと口の周りの皮膚は他の部位よりも薄いことが特徴です。
そして、目と口はよく動かす部位でもあります。
動かすということは、摩擦が起きやすく乾燥しやすくなります。
さらに、口は飲んだり食べたりする際に汚れが付着したり、それをふき取るために擦られたりという刺激があります。
そのために、顔の他の部位よりも皮膚のトラブルが起こりやすいのです。

また、口の周りに吹き出物が出る場合、便秘になっていることも少なくありません。
皮膚のトラブルで皮膚科に受診する人の中には、自分の便秘を自覚していない場合もあるといわれます。
皮膚科で便秘を指摘されて解消したところ、口の周りの吹き出物も改善したという声が複数聞かれます。

便秘と吹き出物の関係は?

では、便秘と吹き出物の関係を見ていきましょう。

皮膚には以下の働きがあります。
 ・知覚作用
 ・保護作用
 ・保湿作用
 ・体温調節作用
 ・分泌・排泄作用

次に便秘の状態が身体に及ぼす影響を見ていきましょう。

便は大腸の中を進むうちに水分が吸収されて、ドロドロから次第に熟したバナナのような固さになっていきます。
このタイミングで排出されればよいのですが、腸の中に留まると更に水分が吸収されて固くなります。
固くなった便は栓になり、後から作られた便を腸の中に留まらせるので、また便が固くなってしまいます。
腸の中に留まる便は固くなるばかりではなく、腐敗してガスや有害物質を発生させてしまいます。

便として排出できない有害物質は、皮膚の排泄作用により身体の外に出されます。
また、腸の動きが悪い便秘の状態は、自律神経の働きを鈍らせて皮膚の血行も悪くします。
このように、有害物質の影響と皮膚の血行不良により、口の周りに吹き出物ができやすくなります

便秘が原因でできた吹き出物を治すには?

便秘があり吹き出物ができている場合には、肌のケアだけでなく便秘解消のためのケアも必要です。
医学的に便秘の状態とは、「排便が週に2回以下または便が固くて排出が困難な場合」とされています。
しかし、口の周りの吹き出物など肌のトラブルがある場合には、毎日排便があることが望ましいという皮膚科医もいます。

便秘の解消には次の対策が有効です。

 ・食物繊維を積極的に摂る
 ・歩いたり身体を捻ったりする運動をして腸を動かす
 ・便意が無くても毎朝5〜10分トイレに座る

【注目記事】便秘一家の救世主!赤ちゃんから大人まで 便秘を改善した方法

また、口の周りの吹き出物については次のケアが有効です。

 ・食事の後は紙ナプキンなどでこすらない
 (ぬるま湯ですすぎ押さえるように水分を拭き取る、またはアルコールを含まないウエットティッシュを使う)
 ・乾燥を防ぐように保湿クリームなどを頻回に塗る

まとめ

口の周りの吹き出物は、便秘によって起こったり治りにくくなったりします。
口の周りの吹き出物を治すためには、皮膚のケアだけでなく、便秘も解消する必要があります。
食事や運動で便秘を解消すると伴に、口の周りの肌を保湿して吹き出物を治しましょう。


この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ