母乳なのに赤ちゃんが便秘に!母親の食事が赤ちゃんの便秘の原因?

母乳なのに赤ちゃんが便秘に!母親の食事が赤ちゃんの便秘の原因?

mamababy

赤ちゃんに母乳を与えている期間、お母さんは食事に気を付けなければいけないことは、
よく知られていますよね。
それには、きちんとした理由があります。
お母さんが摂取する食事の成分が、赤ちゃんが飲む母乳の成分に関わってくるからなんです。

食べ物の種類によっては、母乳が出にくくなったり、
さらには赤ちゃんの体調に影響してしまうことさえあります。
皆さんは、食事に気を遣っていますか?

母乳の質を良くしてくれる食べ物があれば、逆に、質を落としてしまうものもあります。
母乳の質を落としてしまう食べ物の代表的な分類としては、
油脂類、乳製品、肉類、菓子類、アルコール類などです。
野菜や果物でも、体を冷やしてしまうスイカや梨などは、
血液の循環を妨げて、母乳が出にくくなる場合があるので注意が必要です。

何でも過剰摂取はよくないのですが、特に気をつけなければならないのは、
乳製品全般や、動物性の油脂類が使用されている製品です。
乳腺が詰まりやすくなり、母乳の出が悪くなると考えられていて、
乳腺炎になったり、母乳の質が悪くなり、赤ちゃんの健康状態にも影響を与えてしまうのです。
母乳の味も、変わってしまうんですよ。

質の悪い母乳によって赤ちゃんに出る症状としては、湿疹ができてしまう皮膚トラブルや、
うんちがスムーズに出ない、うんちの回数が減る、
または何日も出なくなってしまう便秘の症状などがあります。
便秘は大人でも辛いものです。
赤ちゃんにとっても同じで、機嫌が悪くなったりします。

赤ちゃんの便秘が、自分の摂取した食べ物が原因だなんて、
考えたことがなかった人もいるでしょう。
赤ちゃんのウンチの出が悪いな、と感じたら、
まずはご自身の食事を見直してみると良いでしょう。

ただ、食べたいものを我慢して、ストレスをため込むのも良くありません。
食材とうまく付き合いながら、ストレスを溜めずに、良質な母乳を作りたいものです。

バランスのいい食事は、質のいい母乳を作ります。
そして、質のいい母乳は、赤ちゃんを健やかに育みます。
大事なお子さんの健康を考えた時、母親自身の食事面に気をつけるのは、自然なことなのです。

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ