子供の便秘の原因

子供の便秘の原因

food2

子供は年齢によって、さまざまな理由から便秘を引き起こします。

1人1人便秘になる理由は違うため、その子に合った対処法を考えることが大切です。

赤ちゃんの便秘については、以下の記事を参考にしてみて下さいね。

新生児期・乳児期の赤ちゃんの便秘の原因は?
離乳食期の赤ちゃんの便秘の原因は?

では、普通の食事にも慣れ、ある程度生活習慣が整ってくる、
2歳ころから小学生くらいまでの子供の便秘は、
何が原因になるのでしょうか?

食生活によるもの

どの年齢でも、やはり食生活は便秘の主な原因になります。
離乳食が終わって、大人の食事に近づいてくると、
お子さんにも好き嫌いが出てきますよね?

野菜が嫌いだとか、お肉やお菓子しか食べたがらないとか・・・
嫌いなものを食べさせるのは、とても大変です。

だからと言って、健康のためにはバランス良く何でも食べてもらいたいものです。

バランスの良い食事は、便秘の予防にもつながります。
例えば、食物繊維を多く含んでいる野菜や海草、豆類やイモ類は、
便秘のためにも積極的に摂取したいです。

特に野菜不足は、子供の便秘の原因として最も疑わしいものです。
具沢山のお味噌汁やスープなど、子供でも食べやすいように工夫して調理してみてください。
偏った食生活にならないように心がけましょう。

ストレスによるもの

幼稚園に入園する頃の子供の便秘には、
生活習慣や環境の変化によるストレスが大きくかかわってくる場合があります。

生まれてからずっとお母さんのそばにいた子供が、
初めて1人で集団生活の中に入っていくのです。

また、小学校へ入学する頃の子供の便秘も同様に、
生活環境の変化によるストレスが原因で便秘になることがあります。

小さい子供ながら、精神的な不安やストレスを感じる場合が多いです。
こういったことが、体調(排便のサイクル)にも影響してくるとがあります。

このように病気に由来しない便秘で、
体質や生活習慣などから発生する便秘を「機能性便秘」と呼びます。
幼児や子供の便秘の多くはこの機能性便秘です。

生活環境の変化があった場合は、
少し様子を見てあげましょう。

一時的なものであることが多いので、
新しい環境になじめば自然と治る場合がほとんどです。

トイレを我慢してしまう

集団生活の中で、トイレに行くのを我慢してしまう場合があります。
そうなると、行きたい時にトイレに行けない、ウンチができない…
ということになりますよね。

遊びに夢中になって、トイレを我慢してしまう子供もたくさんいます。
常にウンチを我慢してしまうと、ウンチが固くなり、
いざトイレに行ってもなかなかウンチが出ない状態になります。

硬いウンチは、出すときに痛みを伴うこともありますので、
痛いのが嫌だから我慢する…さらにウンチが溜まる…
というような悪循環になりやすいです。

もし、まだオムツが取れていない赤ちゃんだったら、
トイレトレーニングの時、失敗しても怒ってはいけません

トイレを我慢するようになってしまい、
スムーズな排泄ができなくなってしまいます。

我慢することが習慣化してしまわないように、
ウンチはしたい時にしてもいいということを教えてあげてくださいね。


この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ