母乳不足が原因で赤ちゃんは便秘になる?

母乳不足が原因で赤ちゃんは便秘になる?

bonyu

 

 

赤ちゃんのうんちの回数がいつもより少ないと、

○日もうんちが出ていない!

と焦ってしまって、何かと心配になるものですよね。

 

 

母乳で育っている間は1日に何度もうんちをしますので、
その回数が減ってうんちが出なくなると、

 

もしかして母乳の量が足りてないのかな?

 

と、母乳育児に不安を覚えるお母さんも多いようです。

ここでは、母乳の量と便秘の関係について考えてみたいと思います。

 

 

便秘の原因は母乳不足?

 

便秘の原因が母乳不足であるかと言うと、一概にそうとは言えません。

便秘には個人差があります。

 

すぐにうんちをしたくなる赤ちゃんがいれば、平気で4、5日うんちを溜めてしまう赤ちゃんもいるのです。

また、母乳は消化吸収がよく、カスとして残るものが少ないので、うんちとして外に出すのはある程度溜まってから…

という赤ちゃんもいます。

ようするに、その子その子によって便秘かそうでないかは異なって来るんですね。

4、5日うんちが出ていなくても赤ちゃんの機嫌がいい場合や、

何日か便秘をした後でも、出てきたうんちが比較的軟らかい場合は、あまり心配しなくてもいいですよ。

たとえ数日うんちが出ない日が続いたとしても、何日かに1回は自然にうんちが出る場合は、便秘と考えなくてもいいのです。

 

なので、うんちが出ない = 母乳不足

 

とすぐに判断するのは良くありません。

 

まず、母乳不足かどうかは、授乳後の赤ちゃんの様子で判断することができます。

もしも母乳やミルクの量が足りなかったら、もっとほしいと泣いたり、機嫌が悪くなったり、なかなか寝てくれなかっり…。

 

また、母乳が足りていないかどうかは、赤ちゃんのおしっこの回数や、体重増加の様子から判断するのも良いでしょう。

本当に母乳が足りていない時は、なかなか体重が増えてきません。

赤ちゃんは生まれてから、何かと体重を計る機会がありますよね。

赤ちゃんの成長を見ていくうえで、体重の増減はとても大切なんです。

赤ちゃんの体重が増えているか不安なことがあれば、健診の時だけではなく、母乳相談の時などでも体重をはかってもらえる
ので、気にしてみてくださいね。

 

赤ちゃんのうんちの回数が減って、便秘かな?と思った場合は、まずは赤ちゃんの様子をよーく観察してあげましょう。

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ