赤ちゃんの便秘と母乳の質の関係

赤ちゃんの便秘と母乳の質の関係【注目記事】便秘一家の救世主!赤ちゃんから大人まで 便秘を改善した方法

syokuji

母乳には、腸内環境を良い状態にする成分がたっぷりと含まれています。
そのため、粉ミルクよりも母乳で育った赤ちゃんの方が便秘になりにくいようです。

しかし母乳で育つ赤ちゃんでも、全く便秘にならないといわけではありません。
ミルクと違って、飲んだ量が正確にはわかりにくい母乳。
意外に飲む量が足りていなかったりして、便秘になることもあります。

また、母乳の質もとても重要です。
母乳の質が悪いと、いくら母乳育児をしていても、その良さを完全には活かしきれません。
母乳の質によっては、赤ちゃんの便秘を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

では、母乳の質と便秘の関係について、考えてみましょう。

実は、母乳の質と母親の食事には、深い関係があることを、皆さんは知っていますか?
母親が食べる物によって、母乳は良くも悪くもなるのです。
現代人の食生活は、昔の人に比べて母乳の質を悪くするような食事をとる機会が増えています。

母乳の質と赤ちゃんの便秘の関係

具体的に例を挙げて考えてみましょう。

例えば、揚げ物や甘いものは、母乳をドロドロにしてしまいます
赤ちゃんにとって、とても飲みにくいんです。

シェイクを想像してみてください。吸いにくいですよね?

また、母親が水分をあまり摂らなくても、母乳はドロドロになっていまいます。

ドロドロした母乳は、さらさらした母乳よりも消化しにくく、また水分量も少ないため、水分不足になってしまうのです。

このことから、赤ちゃんは便秘になりやすいと考えらえます。

それに、ドロドロした母乳には、脂肪分が多く含まれています
母親の食事では、なるべく脂っこい物や肉類ばかりを食べることは控えるようにしましょう。

私はすき焼きを食べた翌日に、乳腺炎になってしまい入院したという経験があります(–;

意外ですが、乳製品に含まれる脂肪分も、摂りすぎるとドロドロの母乳になってしまいます。
注意してみてくださいね。

母乳の質を良くする食べ物は?

では逆に、積極的に摂取したい食べ物にはどんなものがあるでしょうか。

肉や魚は、部位によっては油分が多くなるのですが、油分が少ない部分は食べても大丈夫です。

お肉だったら、とりのささみや豚の赤身部分です。
魚だったら、白身のお魚がいいでしょう。

他には、納豆や豆腐などの大豆食品
野菜は一般的に食物繊維が多いとされている、根菜類(大根・人参・ごぼうなど)です。

果物は身体に良いと思われがちですが、身体を冷やすもの(梨・メロン・柿など)もあるので、食べすぎには注意が必要です。

主食は、やはりパンよりもご飯です。
玄米は健康的ですが、消化しにくいため白米がベストです。

水分もできるだけ摂取したほうがいいのですが、炭酸飲料や甘みの強いものではなく、やはりお水やお茶がいいでしょう。
カフェインの含まれていない、麦茶がおススメですよ。

理想的な食事は、洋食ではなく味付けも薄味な和食中心のものです。
バランス良く色々な物を食べるようにすると、母親の身体も健康になり、自然と母乳の質も良くなります。
産後の無理なダイエットも、母乳にとっては良くありません。赤ちゃんのためにも、必要な分の食事は食べるようにしましょう。

赤ちゃんの便秘が気になったら、お母さんの食事面も一度見直してみて下さいね。

【注目記事】便秘一家の救世主!赤ちゃんから大人まで 便秘を改善した方法

この記事も一緒に読まれています

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法




マッサージ、浣腸、マルツエキス、砂糖水、綿棒・・・
色々やったけどダメだったってお母さん必見です!

その場しのぎの解決方法ではなく、赤ちゃんの便秘を根本解決してあげましょう!

赤ちゃんから大人まで便秘を根本解決する方法を見てみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ